椎名

2014年8月28日 木曜日

石張り工事。

 みなさんお久しぶりです、椎名です。

 真夏の日差しの照りつける8月も終わり新しい月の変わり目に、なんだか夏の終わりを感じ始めてきました。

 お盆休みを挟んだ8月というのは、造園業界でも1つの区切りの時期でもあり普段進めている工事に加え、お盆を前に庭をきれいにしたいというお客様の為に日々忙しく大変な時期でもあります。

 そんな8月にメインで工事を進めていた千葉県印西市のS様邸では石組工事、テラスの石張り工事が完成し、残すところ植栽工事や芝張り、仕上げ工事といよいよ完成が近づいてきました。



高田造園でのブログで初めて紹介する石張り工事は鉄平石の間に深岩石のアクセントを施した仕上げとなっています。

歩きやすさだけで無く見た目も追及しなければなりません。

石張りは昔から行われてきた舗装技術の一つで見た目が悪くなるとされる幾つかの禁止事もある程、見た目を追及されてきた舗装技術なのです。

四つ目地、八ツ巻き、通し目地等、(目地が直線に通ってしまったり、一か所に集まってしまったり)の形にならない事を前提に大小様々な石を組み合わせ加工して行くのです。



一つ一つの石が組み合わさり一つの模様を創ると自然と目線が下がり、今後植栽される地覆植物
が景観を創るのが楽しみです。

次回は完成報告をお楽しみください。

投稿者 椎名