竹内

2014年12月14日 日曜日

冬の手入れ行脚

目が覚めるほどの朝の冷え込み、吐く息は真っ白です。
高田造園もこの時期は冬の手入れにあちこちへ走ります
「おはようございます!」久々のお客様との挨拶。仕事前の心温まるひと時です

主木の状態や、地表の乾燥、下草・低木の生育状態...
庭の状態にじっくりと目をやります



作庭後8年のお庭の地表です。ゼニゴケの乗る箇所は土中の水の循環がうまく行われていないところです



地苔が乗った地表は土中の水循環が良好な証拠です
地面一杯に樹木の根が張り。木々の力による土中環境改善が行なわれています

(昔作った親方の分析は実に的確です...)
植栽方法と樹種の選択、そして土中の水脈・気脈。木々の健康な生育には欠かせない要素が
今年に入りより明確になりました

自身が作りながら、自身で分析し、改善してゆく。(やはり親方はすごいなあと思う瞬間です)




手入れ後のお庭はスッキリと気持ちが良いです
気持ちよく新年を迎えられますように...



8年前、7年前に施工したお庭、今と植栽の仕方は違いますが、施工していた時のことはやはり今でも覚えています
入ったばかりの頃の施工ではただ無我夢中で作業し、木が入るたびに変わりゆく景色に目が潤んでいました
あの時の細かった木も幹がすっかり太くなり驚きと感動を与えてくれます

この仕事を始めたとき誰かの幸せを心から願えるようになりたいと、そんな気持ちを抱いていていました
年末、忙しいこの時期。その気持ちも忘れてしまいそうになりますが、今一度原点に返り、1つ1つに心を込めたいです





そして近況報告です。年末師走の中、土気山に小屋が建ちました!
もちろん材料は古民家を解体して出た材を再利用します。計画当初は倉庫の予定だったのですが
倉庫にしておいたらもったいない!!
入居希望者(従業員)も数名いたことから、宿泊可能な小屋に変更になりました








建具も並び、ますます楽しみになります
(ころころ変わる予定に棟梁も苦笑い、でもさすが臨機応変にやってのけてくれます。棟梁ありがとうです)

着々と進む小屋作り、ご報告できればと思います。














投稿者 竹内