top

2015年9月28日 月曜日

小屋づくりワークショップご報告

たわわに実った黄金色の田んぼに赤い彼岸花、そこに金木犀のやさしい香りが感じられたのなら季節はもう秋です
秋の虫たちがあちこちで歌い、空を見上げれば鱗雲や鰯雲が天高く浮かび、中秋の名月の名のごとく昨夜は見事な月に魅せられました

あちこちで、新米の看板が見受けられ、豊作を祝いおはぎをいただいたりと、季節の変わり目は前の季節やご先祖様たちへ感謝する日本独特の美しい風習に触れることができます

高田造園の土気ダーチャでは13日、22日と開かれた小屋づくりワークショップに子供から大人まで大勢の皆さんに参加していただき、こちらも実り多い、充実した日となりました

今回は千葉の木材を使ったOM(夏冬は地熱を利用した室温調整、屋根の熱を利用した急騰..もしろい!ったいない!の略)付きの小屋を大工さんのご指導、ちば山理事の設計をもとに基礎からたちあげていきました

地熱利用のため床下には蓄熱層が必要となります。そのため現代の建築工法ではコンクリートを基礎に打ちますが、今回森の中での小屋づくりは自然へのダメージを最小限に抑えるため、焼いた松杭に瓦を二重に立てその中に藁を敷き詰め、そこに竹を張り泥を塗り基礎(外との断熱、蓄熱層を形成)を立ち上げました



地熱利用のため今回は土中に管を這わせ立ち上げておきます
土の中は一年通して約18度と一定なため夏にはひんやり冷気を冬にはほんのり暖か?暖気を部屋へと送ります



そして13日上棟の日当日...



大工さんたちが土壁基礎に土台を乗せてゆきます



根太の上に床板を張ります(少しずつ人が集まり柱建て、落とし壁と並行作業)



高田造園のお施主様も参加してくださいました
(ん~それにしても馴れた手つきです...)

落とし壁工法のため壁にはビスは使わず、壁板を落としていきます



梁を組むとがっちり!一体化してきました



子供たちも興味津々

「ここにいる大人はみんな大工さんなの?」
楽しく作業する大人たちの姿は子供たちには大工さんに見えたようです...

道具への興味、部材への純粋な疑問、子供たちの泉のような好奇心や探求心
親方も楽しそうに答えていきます



床下をのぞき込み管を発見!

「これはなあに?」
「土の中の心地よい空気を部屋に引き込むの、夏が涼しくなるよ!」
「そうなんだ!!」
自然エネルギーは子供達でもすんなりと理解できる簡単な仕組みです
普段の遊びから、土がひんやりしていることを知っていたようです



13日、一日で土台から屋根までアッという間に建てられました
お越しくださいました皆様ありがとうございました




そして22日は壁塗り大会
土と藁と水を混ぜて竹の張られた壁にみんなでべたべた



この日は子供たちが大活躍
泥だらけになっても夢中で続けます



午後になっても作業は続き
大人も子供も一緒にぺたぺた、ぬりぬり




作業の合間



途中自然栽培畑で落花生の収穫...
子供たちもいろいろな発見をします
草むらを歩けば虫がピョンピョコ跳ね回り、雑草の中から落花生の丸い葉を見つけたり
(落花生って不思議、根っこについてないの)

自然な地形の道だから、穴にはまったり、転がったり




穴にはっまても笑っちゃう、土を歩くって気持ちいいし、楽しいっ!




泥だらけになった子供たちは五右衛門風呂へ
薪でたいたお風呂は気持ちが良く、しばらく大渋滞...
ボタン一つでお湯はりできるお風呂では味わえない水温の変化を楽しめます
「まだ冷た~い!」
の言葉に「はいはーい、薪をくべるよ~!」
昔の生活会話にきっとこんなやり取りがあったのだろうなと笑みがこぼれます

山小屋や自然栽培畑、去年から始めたダーチャ活動
この地に来る方皆が自然を感じ、考えるフィールドにしたいと願ってまいりました

そんな中今年に入りこの地を通して、本当にたくさんの人々と出会うことができました
それぞれがいろいろなものを抱え、自然と会話しながら明日のために生きる方々です

様々な出会いを通して私たち高田造園従業員一同もそのたびに得るものが多く、皆様から学ばせていただいております
本当に本当にありがとうございます

『縁を繋ぐ場』

近いようで遠い現代の人と人、人と自然の繋がり...
架け橋となってくれているもの
大人の中にもある、子供たちの純粋な精神
そしてその精神に触れるもの

お越し下さった皆さまそれぞれがいろいろを感じられる、かけがえのない場になっていたら幸いです
ダーチャ構想の中でたくさんの想いを詰め込んだこの土地は今まさに現実のものになろうとしています
移りゆく季節に刻々と成長し、語りかけてくれる風景


気持ちの良い秋風が金木犀の香りで満たされるように、嬉しさと感謝の気持ちが溢れます