top

2016年2月29日 月曜日

輪となりて、環となりて、和となる

「土脉潤い起こる」土の中の水が流れ出すこの時期は新たな季節の始まりでもあります
大地に蓄えていたエネルギーが次々に地上へと放出されます

造園を初めて9年目私の手入れでの掃除は植栽した木々の根、下草、実生で生えてきた稚木、雑草、苔、表層にはびこる根、落ち葉、土、虫、鳥、地に這いながらこれらと同化して、会話をすることからはじまります

入ったばかりの頃は舐めるような掃除、落ち葉ひとつ残さず、際にたまった塵を手ぼうきで掃く、緊張感漂う親方のもと、こちらも緊張感のある仕上げを目指していました...
しかし最近は刹那的な清々しさではなく、内からくる心地良さ・安らぎとは何かについて考えながら庭掃除をすることが多くなった気がします

それは自分がまだ人と自然との"あるべきよう"を探しているから、大いなる自然が見せてくれる奇跡やメッセージを今の自分でしか理解することが出来ないもどかしさからくるものです...

久々に手入れに訪れたのは流山市にある保育園
竣工して数年、3.11東日本大震災がおこりました、放射能除去のため表層の土を削るという処理をされ、園内の駐車場は枕木からアスファルトへと改修されました
当時まだ細かった木々は着実に太く・大きくなりつつあります
どんな状況にも適応し、生長する木にただただ感動しつつも、従来の植栽・管理・掃除について思いを巡らせ、今の私たちができるこれからに繋がることをやらせていただきました...

樹木の剪定は、人・車・建物・樹木それぞれの生息・行動スペースに配慮した最低限のものにし、仕上げである表層の掃除は雑草は抜かずに刈り、地表の通気を促します。
落ち葉は残し腐葉土へと遷移をさせ土壌の浅い部分を這う樹木の呼吸層(水・空気とのバランスが良い層:A0層)、たくさんのバクテリア、菌類、微生物、土中小動物の生息域として維持していきます

この表層であるA0層、地圏(大地)と気圏(空気)そして地圏と水圏(水脈)この縦の線と横の線の交わりこそ私たちがまだ考えも及ばない希望が詰まっているはず...
そんなことを考えながら地に這い作業をします

震災時、雨樋や落ち葉は放射線量が高いからと前述のように表層を機械でさらう処理がなされました
しかし、なぜこの落ち葉、土化しかけた腐葉土に集中していたのだろう...
雨や空気中のものが飛来するのは当然なのですが、そもそも重力があって我々は土に足をつける、ありとあらゆる物質は重力がある限り土につき安定する...

1945年長崎・広島原爆投下全てのものが一瞬にして炭化し、多くを失ったあの日
たくさんの放射能、放射性物質が地上に降り注ぎ今もなお多くの傷跡を残します
原子爆弾を開発したアメリカの物理学者の多くは、被爆地は50年~100年は不毛の地となり、植物が一切生えないであろうと推測していました
ところが半年後、被爆した大地には雑草が生え、さらに数か月後には草花が咲き、木の芽が生じ、1年後には人が生活できるまでに放射線量が激減していたのです

これに驚いたアメリカの科学者はすぐさま現地調査、放射線は消えていたのです
このことに対し環境微生物学博士の高嶋康豪博士は「土壌内の微生物、または空中の微生物が放射能を基質として捉え、代と交代、置換と交換を行って放射能を分解消失したのである」と言われました

核実験の行なわれていたネバダ砂漠や、核事故の起きたチェルノブイリでは放射性物質、放射能の顕著な減少は見られません
これは、どちらも土中の菌類、微生物、バクテリアの数や種類が少ないためと考えられます
日本は温暖な気候と風土、なにより土中に絶えず流れる豊富で豊かな水のため、たくさんの好気性バクテリア、菌類、微生物に恵まれていたものと考えられます

さらにはるか大昔にタイムスリップ...地球の始まりについても46億年前地球は濃硫酸の海でした。そこにバクテリアが発生し浄化、今の命あふれる地球になったのです

大地が苦しんでいる時、命が悲鳴を上げている時、小さな小さなバクテリア、菌類、微生物たちは自然の営み、摂理にのっとった大いなる力で浄化、命の繋ぎ手として役を担ってきました

しかし、現代において町のお手入れに入ればご近所の方から落ち葉が...雑草が...などと言われることも少なくありません、落ち葉や雑草は我々の命を守ってくれているのに...

さらに懸念されることは大地がアスファルトやコンクリート、護岸整備、リニア、高速、新幹線...など人間の都合により山には穴が開き、木は切られ、地表は剥がされ、固められ、浄化してくれるはずの木や土の減少です

アスファルト化した町から土が消えることで大気の浄化がされなくなり、汚染されます
コンクリートジャングルの足元で行き場を失った土中の水脈は嫌気状態(呼吸できなくなり)になり、汚染物質を浄化してくれる好気性の菌類が減少、さらにミクロ団粒に閉じ込められていた嫌気性の菌やバクテリアが増大し地上に出てくるとき、未知の病気があちこちで発生しうるのです


最先端の科学、情報、経済、求めてきた道は本当に正しかったのでしょうか
人が自然の一部だということを忘れ走ってきた結果、受け継ぐべき過去の財産が損なわれ、かわって刹那的な快楽や便利さにすり替えられてしまった気がします

3.11からもう少しで5年、私たちは何に気が付けただろう、何を変えることが出来ただろう...

庭掃除の合間、土に帰ろうとする小鳥が横たわっていました
そっと木の根元に埋めます

土となり、木となり、大気となり、雨となりまた土にかえります
この絶対的な自然の"環"営みなくしては過去も今も未来もないのです



縦の線と横の線の交点を支えに生き物、植物、大地、海とがあり
水となり、命が生まれ、土となり、気となります

私たちはたくさんの輪の中にいて環の中でしか生きられません
それがすべての調和そして平和になるのかもしれません...