椎名

2015年5月 8日 金曜日

ゴールデンウィーク

 ブログを御覧の皆様お久しぶりです。
連休中はいかがお過ごしでしたでしょうか?

待ちに待った連休中は個人的にも興味のあった笠間の陶器市や埼玉県の盆栽村等に足を運び連休を楽しんできました。

特に盆栽村は、前々から興味があった場所で、実生苗を利用した盆栽等を個人的に創る程まで興味がある分野でもありました。

盆栽というと高田造園のホームページをご覧いただいている方の中には堅いイメージがある方も多いと思いますが、それはマツやマキ等の盆栽をイメージする方が多いのではないでしょうか?

盆栽の種類の中には大自然を一つの鉢に縮小させて創るもので、栽景盆栽というものがあります。
この盆栽の特徴は四季の変化を楽しめる雑木や下草等を組み合わせ山の中の一部や景色を切り取り一つの鉢に表現する盆栽で、様々なスケールの自然を手のひらサイズで楽しむ事が出来ます。



庭づくりに共通する部分も多く植栽の木の向きや植物を植えたり管理して行く上で勉強になると思い始めたのがきっかけですが、今やオリジナルの栽景盆栽を創るのはもちろん本場盆栽村まで足を運ぶ程になりました。

下記の物は自作したものです。
春の芽ぶきや秋の紅葉、冬には枯れ木となりますが四季折々の変化を手のひらサイズで楽しんでおります。
まだまだ未完成ですが今後の成長が楽しみです。
また機会があれば今後の成長も紹介したいと思います。













投稿者 椎名