石井

2017年5月14日 日曜日

立ちあがる夏

三寒四温を感じながら春を待った時期はとうに過ぎ去り、もはや梅雨をも追い越して姿を見せそうな夏の気配を日中の仕事中に感じるこの(千葉の)季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
入社してから、まさに瞬きと呼べるような速さの二年が経過しました、社員の石井です。大変久しぶりの更新になってしまいました。

今回のブログは、一年ほど前と同様に五月の連休にて経験したことを書き連ねていきたいと思います。



今年のこの連休は、信州は木曽福島を訪ねました。冒頭の写真は御嶽山中腹(ロープウェイ終着所の飯森公園駅)より頂上を仰ぎ見た写真になります。
雪山です...。場所によってはひざ下まで残雪しています。

早くも訪れた猛暑に辟易しているかもしれないブログ読者の方々の視覚にまず訴えることで、体感的に少しでも涼やかになっていただけたらという試みです...。(冷涼な環境下でご覧の皆様すみません。)
また視覚的な試みといえば、私のブログは振り返ってみると毎回文章のボリュームが多すぎるので、今回は写真に対してのキャプション程度に文章を納めていきたいと思います...。




とにもかくにもまずは中央道で現地へ。関東の方は新緑が美しいですが...




信州に入り目的地付近のインターチェンジを降りたところ、桜吹雪が散っていました。
まだ満開に近いです。今回は関東で新緑、長野でお花見、御嶽山で雪遊びと時を遡っているような感覚になりました。




そして、木曽福島駅付近に到着。高田造園のワークショップでお世話になっている方のもとを訪ねました。
長野県の南西部に位置する木曽福島は、西に木曽御嶽山、東には中央アルプス・木曽駒ケ岳に挟まれており、街の中央を木曽川が流れています。(上写真の河川)
河川に張り出すような建物は、現地の方が「がけづくり」と呼んでいる作り方のものだそう。




かつて木曽福島は多くの旅人が歩いた中山道の中心部で、耳にしたことがあると思います「木曽路」とはこの近辺の道を指します。
江戸時代には江戸護衛のために設けられた四大関所のひとつがあるため宿場町としても高名です。




御嶽山は、標高3067mの独立峰であり、山岳信仰の山としても知られています。



今回の訪問の目的のひとつでもある、整備予定の古道を見学、案内していただきました。修験道に用いられたルートだそうです。
日が暮れたところで本日の予定は終了、温泉と旅館で季節の食事を頂き、翌日は二日目にして最終日です。



宿泊した宿の近くには御嶽信仰を広めた立役者の一人である覚明行者の霊神碑が在りました。
朝の一礼をし、車で御嶽神社に向かいます。



道すがら、御嶽湖に御嶽山が!くっきり写った姿と青空が絶景です。



本日最初の目的地、御嶽神社へ。写真に写るのは今回木曽福島をご案内していただいた方とその柴犬あっくん。
木曽福島の復興にも努められています。



ヒノキなど荘厳な雰囲気の針葉樹林内に設けられた石段を登ります。
樹木に詳しい方なら耳にしたことのある「木曽五木」という言葉は、江戸の繁栄に伴う過伐採により荒れた木曽の山を保護するため、尾張藩が指定した伐採禁止の五木(最初に指定されたヒノキ、アスナロ、ネズコ、コウヤマキ、サワラ)の事です。
興味深いのは、五木指定後、さらにクリ、マツ、ケヤキ、トチ、カツラ等をも伐採禁止とした事項。生産性が高く重宝された針葉樹のみならず落葉樹も保護することが、森林の多様性・健全性を維持するにあたって重要だと見抜いていたのでしょう。
その後木曽の山は美しさを取り戻し、現在に至っては木曽五木によって製作される木器が特産品となっています。また寒暖差の大きい気候が漆塗りに適していることから、木曽五木で作られた漆器も有名です。



長い石段を登りきり、里宮本殿拝殿に一礼。
本殿の写真は撮れませんでしたが、こちらはその周辺に見えるきりだった地層です。
地下水脈をたどってきたお水は最高においしい!



神社を出た後は、車で少し走り、清滝へ!
御嶽山はその急峻な地形、降雨と豊富な樹林帯が蓄える地下水等の理由から「滝の山」と呼ばれるほど。
この清滝と後述する新滝は御嶽教の行場としても使われていたため、今での滝行ができるように更衣室などが設置されています。



自然散策をしながら一尾根超えて、新滝へ。両方の滝とも、とにかく高い!(iphoneにてパノラマ撮影)



新滝は滝の裏側にも回れます。



このようなところにも霊神碑が。
御嶽山はいたるところに霊神碑があり、その光景はほかの山には見られない異彩さをも感じさせます。



この時期の信州と言えば、そばと山菜でしょう!ということでお蕎麦屋さんで昼食です。
山菜のやさしい苦みがしみて、冬にたまった毒素が抜けていく錯覚を覚えます...



その後は御嶽ロープウェイでパノラマを堪能。山を見上げれば冒頭の写真ですが、振り返れば乗鞍岳や穂高連峰、木曽駒ケ岳が望めます。



そして駆け足で開田高原へ。この急峻な山々の間にある高冷地では、馬に乗ってみたり...



最後に木曽福島に戻ってご挨拶をして、一泊二日の長野旅を終えました。
木曽の豊かな環境を尊敬する友人と考察しながら体験できたことはこれからの仕事に確実に返ってくるであろう収穫です。

ご案内してくれたきっこさん、その柴犬あっくん、有難うございました。

それでは、また次回でお会いしましょう。皆様も、水分補給を欠かさずお体に気を付けてお過ごしください。




投稿者 株式会社高田造園設計事務所 | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事