top

2018年10月24日 水曜日

冬に向けた薪準備と大工見習い。

高田造園スタッフブログをいつもご覧くださいます皆様、
ご無沙汰しておりますスタッフの松下です。

最近高田造園では親方のブログでも掲載されておりました通り、
工事も今まで掛からせていただいておりました現場もひと段落し、
早くも次の工事の準備に取り掛かっております。

工事や手入れの合間を縫って、雨など天候の優れない日には
事務所では冬支度もしております。

千葉では昼はまだ25度を超える日もありますが朝晩はひんやりとしており、
通勤にはジャンパー、朝早くの身支度にはヤッケは欠かせなくなりました。



こちらは千葉某所から大量に運んできた薪を事務所横の薪棚へと
運び込んでいる様子です。

軽トラを一台満載にし、軽トラをヒーヒー言わせながら運んで参りました。



この薪は佐倉市にあります岩富ダーチャいのちの杜で、
今年の春、私たちがこちらもまた仕事の合間で割った薪です。

直径3、40センチはあろう広葉樹の幹丸太をみなで斧で割りました。


事務所にありますストーブはダルマストーブで、



本来は薪ストーブではなく石炭ストーブなので、
燃焼力が高く薪が早くなくなってしまいますが、
部屋全体に幅広く熱が広がるので、
事務所の冬には欠かせない存在です。



事務所に積み込み終わった後は、
土気ダーチャフィールドにも運び込みます。

いつも薪を使って火を起こしていると、
薪棚が薪で埋まると何とも言えない安心感があります。

今年も薪ストーブが恋しくなる季節がもうそこまで来ています。


さて、こちらは春からスタッフの石井、松下の同僚コンビで
参加させていただいている大工塾の様子です。



仕事で木工をするので、それを大工仕事を通して身につけたいと志願し
毎月1回のペースで行かせていただいています。

第1回目には製材所へも連れて行ってもらい、
丸太を製材する様子も見せてもらいました。

普段何気なく柱材や板材を扱っていましたが、
実際に見せていただくとより身近に感じることができます。



これは曲尺(さしがね)と呼ばれる必須の大工道具で、
この丸太から最大で何寸角の角材が取れるのか教わっています。

曲尺の表と裏側を使うと計算なしで割り出せます。

今まで曲尺は矩(かね)を出して墨を打つ(線に対して直角に線を引く)
ためにしか用いたことありませんでしたが、
大工さんはこの曲尺を巧みに使いこなし、
素人では思いつかないような部分の寸法を容易く割り出します。



これは第2回で体験的に作らせてもらった木材と木材の継手です。

日本建築の伝統工法では角材と角材は、継手で組んで作られます。



最初に寸法通りに墨を打ち、その墨通りにノコとノミで削っていきます。

これは家の基礎の上に回る土台の角材と角材を継ぐ、
「鎌蟻継ぎ」と呼ばれる継手です。



見た目通り複雑なので、簡単に浮いて離れることはありません。



第3回では現場に行くと既に棟上げが終わっていました。

やはり最初から実際に見たかったので残念でした。

ですが、自分たちが加工した継手は大工さんたちの手によって、
きっちりと基礎の上に納まっていました。



さすがに現場では大工さんが主導で、私たちはその手元といった感じです。

小さい頃に自分の家が木造で建てられたときに、
正に基礎の上に柱組だけしてある現場に行ったことがありましたが、
その時はここまでまじまじと観察もしなかったので、
家が徐々にできていく様を見るというのは勉強になりますし、楽しいです。



これは柱と柱のあいだに貫(ぬき)と呼ばれる板をはめ込んでいる様子です。

伝統工法の日本家屋が地震に強く100年、200年と持つのは
柱と柱の上に渡された梁(はり)、桁(けた)、胴差しと呼ばれる骨格材と、
この貫で箱状に一体化させることで
全体で持たせる構造になっているからです。

建築基準法の改正で現在の住宅は筋交い(斜めに入れる補強のつっぱり)と、
固定金物を使用しないといけなくなっていますが、
昔の建築物には用いられていませんし、用いられていない住宅で
100年、200年と持っているものも今となっては少ないですが、あります。

昔の家というのは、石の上に柱が建っているので
地震で揺れても建物だけが滑るように揺れを吸収し、
また筋交いがないので、全体の木が連動して動き、
グラグラ揺れるけど、力を逃がせる構造になっているのです。

古くから「柔よく剛を制す」とはよく言ったもので、
言葉の使いどころは違えど、
日本人の精神が垣間見られる工法と言えます。

実際に補強で用いられる斜めの筋交いは
元々は西洋建築から来ていて、
明治以降に入ってきたものだそうです。

自然を力で押さえ込もうとする西洋と、
自然の力に畏敬の念を持ち、その中で生きようとする日本人の姿勢が
工法としても対照的です。



組みあがっていくと柱と柱が、梁と桁と貫で
つながっているのが分かります。

このあとは鉛直方向を「下げ振り」という道具で確かめ、
「屋直し」を行います。



屋直しとは、そのままでは垂直に建ってない柱組を、
引っ張り起こして、きっちりと垂直に建てる作業のことです。



これを外周4面すべてで確認し、調整しました。

そして、屋直しを終えると在来工法のため筋交いを設置し、
梁の上に「小屋束(こやづか)」を立て、中心に「棟木(むなぎ)」を渡し、
そこから下に「母屋(もや)」を取り付け、「垂木(たるき)」をその上に架けて、
屋根を付ける前の骨組みが完成しました。



普段植木屋ですので、高いところは慣れたつもりでいましたが、
木の上とはまた違った、掴まるところのない高所で、
スイスイと動かれる大工さんの手際の良い作業に
ただただ見とれながら作業の様子を観察していました。



普段建設真っ只中の現場には踏み入れたことがなかったので
今回の経験は建築をよりリアルに感じる上で良い体験となりました。

次回以降の作業は、また次に書き記します。


最近は昼間はまだ温かいですが、朝晩は急に冷えてきますので
皆様体調を崩さぬよう気をつけてお過ごしくださいませ。


記事URL

2018年7月22日 日曜日

シェアハウスでの環境改善を兼ねた住環境づくり



関東では梅雨が例年よりも半月早い6月末に開け、
容赦ない暑さと痛いほどの日差しが降り注ぎます。

このブログを書いておりました先週の金曜日から日曜日には、
全国的に大雨が降り続き、全国各地で甚大な被害となりました。

被害に遭われた方々には深くお見合い申し上げます。

私も以前、集中豪雨被害地域のボランティア経験がありますが、
床下浸水でも土砂の除去は大変で、私たちが普段工事で使っている角スコで
ひたすら泥をさらい一輪に乗せて運ぶという果てしない作業でした。

今回は2階の軒下まで浸水された地域もあり、
その被害からの復旧の手間、大変さを考えるとそのご苦労は
想像を絶します。

関西、中国地方へ行ける機会があれば、
少しでもお力になれたらと思います。

さて、最近は少し現場のことがご報告できておりませんでしたので、
今回は現場の様子を少しご報告させていただきます。



こちらは先日6月末に作業に入らせていただきました、
東京は町田市の隣、玉川学園にありますシェアハウスの様子です。

この玉川学園の現場は、昨年の秋に初めてワークショップという形で
皆様方に多数ご参加いただき着工致しまし た。

最初はこの写真からは到底想像もできない程、雑草やツル繁茂しており、
最初は私たちスタッフで草を刈ることからスタートしました。



シノダケやクズ、イネ科の草で覆われた庭の草は激しく、
私たちの背丈ほどまで成長し、目の前も見えないほど藪化していました。



もともと和風の庭があったであろうこの土地は
家の持ち主が不在になってからというもの、
庭の下にある擁壁によってその土地の水が逃げ場を失い詰まり、
土壌が荒れ、雑草が伸び放題となっていました。



こちらはスタッフが先駆けて行った草刈後に
親方がレクチャーしている写真です。

草はいきなり地際まで刈戻してしまうと
反発でまたそのあと強く伸びてくるということで、
今回は膝丈ほどまで刈払いました。



刈った草たちは点々と山にしておき、
後の改良資材として利用します

草刈後はなんとなく見えてきた道を頼りに、
スコップを使い溝切りや、縦穴を開けていき、
第2回の改善作業へと続く先駆けとしました。

第2回は今年に入り2月に行われ、またワークショップという形で
大勢の方にお集まりいただき皆様で作り上げてきました。



第1回の作業でなんとなく見えてきた道に通気浸透を考え、
スコップで地面を直角に切り落とし、枝しがら組みを行い、
土壌へと菌糸が絡みつき、健全に木々の根が張り巡らせるよう
処置を行いました。



また既存の庭で据えられていた飛び石を全部取り外し
新たに見えた動線上に石を据えかえました。



また建物際にあった犬走りのコンクリートは、
やはり水が土壌へと染み込んでいくのを阻害し詰まらせる原因となるため、
ハンマーで取り壊してそのコンクリガラも庭の中で組み替えて、



飛び石を据える時の下地であったり、
樹木を植える根鉢の下の土が、根鉢の重みで圧密されないように
炭やもみがら薫炭と混ぜた土の中にも転々といれ、
鉢の重みをガラが点で支える構造にしました。



また、これは2回目に植栽を同時に行った写真ですが、
既存で枯れていた大木はあえて残し、
その横に新たな雑木を植栽しました。

土壌の水脈の観点から見ると枯れ株は、
根が枯れ分解され土に還っていく過程で、
大木の根だった場所は空間となりそこが水道となっていきます。

それがやがて土壌中の水や空気の流れる起点となり
そこに新たな樹木の根が根付いていくのです。

また今回の現場は斜面に位置した庭であるため、
高低差のある庭の中を回遊できるよう随所に階段を設けました。



この階段もただ回遊するためのものではなく、
土の地面を段々に直角に切り落とすことで、
切った断面からは空気と水が抜け、その周りの土を呼吸させ
土中の空気と水を動かします。



これは参考写真ですが、
以前他の現場で施工した際に撮った横溝断面の写真です。
この写真は冬に撮ったものですが、
霜柱が横へと張り出している様子が確認できます。



この写真からも土を直角に切り下げると
水が抜ける様子が確認できます。

斜面のままであると雨は斜面を走り、斜面を削りますが、
段切りにすることで雨はその場で地面に染み込んでいきます。

土を段切りし、蹴上リと踏み面の角部分に軽く溝掘りし、
溝に炭をいれ、竹を設置し、その背面に枝を絡ませて
土との隙間を確保します。

竹の横木は炭化させた木杭で留めています。

土側面からの通気と、その場での雨水の浸透、
枝の分解と炭の敷き込み、炭化杭によって
土中に菌糸が誘導されやすいように配慮した作りです。



土中の改善と、人の使い勝手を兼ねた階段です。

今回も皆様のお力でなんとも暖かい階段になりました。

そして、来ていただいた男性陣の方々で庭の中で最も水の集まる角地に
深さ1mを超える大穴を手作業で掘っていただき、
この土地の改善の要なるよう造作しました。



穴には炭を入れ、枝を詰め絡めて処理します。

この大穴はこの場所のもっとも地中で水の集まる場所に施すことで
この土地全体の土中の水の流れを作り出す要になります。

そして、先日6月末に追加で作業に入らせていただき、
植栽の追加と、地形下部に縦穴を掘り通気浸透改善を行いました。



写真の右の先が大穴になり最終的にはそちらの方へ
地中の流れを誘導していきます。

6月に入り雨も降り、気温も上がったため
最初はやはりある程度草やクズがまた繁茂している状況でした。

ただ以前に比べて比較的楽に少ない手間で作業が終わり、
また風通しの良い庭へと落ち着いていきました。



クズも2月やその前の11月の時点でも根っこから取り除くことは
敢えてしていません。

むしろ階段部分に走っていたクズは土留めとして利用し、
階段の一部となっています。

草たちを毛嫌いせずに、適切に改善、管理していくことで共生し、
落ち着くのを待ち、次世代の穏やかな草花に変わるのを待ちます。

改善を施して時間がそれほど経っていませんので、
最初はまだ以前の草の様相が多少は戻りますが
今後は土壌の状態と木々が育つに連れて日陰も増え
草も穏やかになっていきそうです。






今後もこの空間が育って、より心地よくなり、
自然と人の集まる場へと変化していくのが楽しみです。



記事URL

2018年5月24日 木曜日

石を畳む



もう真夏並みの気温の日もみえはじめたこの季節、皆様お過ごしでしょうか。従業員の石井です。

またしても前回の更新からだいぶ日が空いてしまいました。

おかげさまで日々環境改善や造園施工で忙しい高田造園の日常ですが、毎年五月の連休は社員それぞれが造園的な感性を養うため連休をいただいております。

そこで私もこの連休を使って、熊野古道伊勢神宮を拝見してきました。

親方が、自然環境への配慮がみえる好例として常々挙げる地であり、かねてより訪れたいなと思っていた場所です。
親方が更新している別サイトのブログでも、過去に詳しく取り上げられています。
(私などとは比較にならない知見と情報量が込められた過去の記事を下記にリンクします。よろしければこちらも是非。
 伊勢神宮について・・http://www.zoukinoniwa.biz/blog/2016/02/post_59.html
 熊野古道について・・http://www.zoukinoniwa.biz/blog/2016/01/28110.html

今回は、そのレポートを写真とともに記していきたいと思います。



日本列島を俯瞰すると、本州の中心あたりから南に張り出すように突き出る巨大な紀伊半島
深い森が海へと突出したこの地には古くから自然信仰の聖地とされる場所が多く、半島全体が巨大なパワースポットといっても過言ではないそうです。

その半島の大部分を占める山地には、熊野三山、高野山、吉野・大峰という全国でも屈指と評価される零場が存在し、その地に至る参詣道こそが熊野古道になります。
古くは平安時代より、皇族や修験者、庶民に至るまでが闊歩したこの道は、奈良、和歌山、三重の三県を跨り、いくつものルートをあわせたその全長は1000kmを超えるほど。


私が訪れましたのは、三重県の「伊勢路」の中でも石畳が美しいといわれる「馬越峠




紀勢自動車道海山ICを降りて道の駅に車を停め、この地区の鎮守の杜である相賀神社に一礼。



奇跡とも称されるのも頷けるほど澄み切った銚子川の清流を眺めながら、便ノ山橋を渡ります。



そこから少し歩いたところに石畳残る入口がありました。すぐそばに国道が通っていますが、これを登って山の中に入れば・・



針葉樹林とシダたちに抱かれた厳かな山道の風景に包まれます。
全国有数の多雨地帯であるこの半島にこそやはり石の山道が必要だったのでしょう。



ひたすらに美しい石畳が続きます。かつてこの石を畳んだ古人の執念すら感じられるような力強い路です。
しかし、その不規則にも見えるこの石段は、平滑な舗装道路よりはるかに歩きやすく感じます。
頭が透き通る、という親方の言葉を身をもって体感できる瞬間です。



石畳の間に入り込み、しかしながら石畳を壊さず、蹴上として機能している根すらあるこの状況こそ、この古道の石畳がこの地に対しての配慮として通期浸透性を担保し続けている何よりの証拠と言えるでしょう。



洗い越しと呼ばれている、山側の水を谷川に流す水路。このエリアだけでもいくつも見かけます。
石畳を設ける際山側を段切りした際に出る水や雨水を処理する工夫と思われます。



途中、石畳の古道を逸れて、天狗倉山の頂上を目指し山路を登ります。
岩盤地帯ゆえか道すがらに巨石も多く、中にはその岩石の隙間に根を差し込むようにしてたくましく育っている樹木も。



岩盤を突き進んでなお肥大させる根っこの力に土地の生命力を感じます。



急坂を這うように上ると、磐座といえるほどの巨石、天狗岩が姿を現します。これを登れば頂上です。





頂上からは、尾鷲湾を見下ろすことのできる絶景を堪能できます。
リアス式海岸とその近くにそびえる山々、そしてそれらをつなぐ清流残る河川が、この地に海、山、川の幸すべてを授けている要因なのでしょう。

下山した後は、また石畳を少し歩けば、尾鷲市街に抜けることができます。

先人たちの執念と環境への配慮に畏敬の念を覚える体験となりました。
皆さんも三重にお越しの際はぜひお立ちよりを検討ください。歴史ある路のエネルギーを体感することができると思います。


真夏日ともいえる日が増えてきた今日、皆様も職種に限らず日焼けと水分補給にお気をつけてお過ごしください。それでは。

記事URL

2018年5月13日 日曜日

5月連休の振り返り

皆様五月の連休は如何お過ごしだったでしょうか。
スタッフの松下です。

スタッフ一同も5月の連休をいただきまして、
久しぶりに各々羽を伸ばしてきました。

私はと言いますとその連休を利用しまして
山梨県は西沢渓谷と、長野県霧ヶ峰車山高原に
散策に出かけてきました。

その様子を今回はラフな感じで、旅目線で
アップさせていただきたいと思います。

西沢渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園内に位置している景勝地で、
中央道で勝沼インターで下り、
ぶどう農家が軒を連ねるフルーツラインという下道を
30分ほど走った場所にあります。

仕事でこの近辺に伺った際に親方から話を伺い興味を持ち
今回訪問してみました。



こちらは、西沢渓谷駐車場から少し歩いた渓谷入口近辺の様子です。

高田造園の庭のような新緑の爽やかな景色が広がります。



しばらく渓谷方面へと上高地のような雰囲気の雑木、
針葉樹の混合林を横目に歩いていきます。

道中には日本百名山にも数えられる
甲武信ヶ岳へと続く登山道入口もあります。

西沢渓谷で最も知られている七ッ釜五段の滝までは、
往路で沢沿いの道を2時間ちょっと、
帰路で旧木材輸送のトロッコ道を一時間半の行程です。

ただ軽ハイキング程度の道ではなく、
軽登山のレベルの道が続きますので、
格好は登山の格好が望ましいです。



登山道は木の階段などがほとんどなく、
ほどよく人の手が入りすぎてないので、
歩きやすく景観としても美しく癒されます。



沢を横目にどんどん登っていきます。

新緑の沢は美しく、そこまでの高度でもないので
この時期でも新緑の葉が生え揃います。

最終地点、七ッ釜五段滝に至るまでの
道すがらにも随所に滝があり、
光が反射して青く見える水が本当に美しく映ります。



入山する前は渓谷なので、そこまでの険しさを
予想していませんでしたが、
予想を上回るレベルの道が続きます。



各所に転落防止の鎖柵があるものの
体重をかけると倒れそうなのであまり頼りにできません。

慎重に沢道を歩きながら空気を楽しみます。



今回の西沢渓谷ハイクの中で
私が最も気に入ったポイントでの1枚です。

西沢渓谷を歩いていて思ったのは
どのポイントでも美しく絵になるということです。

人の心を惹きつける美というものは、
やはり自然界が織り成すものだと改めて実感します。



そして、さらに急斜面をジグザグに登っていくと
最後にたどり着いたのが七ッ釜五段の滝です。

正面からの立ち姿です。



すごい量の水が轟音と共に流れ落ちます。

写真などで最も有名な姿が上流部の
このアングルです。



七ッ釜五段の滝という名にふさわしい
釜の形の滝が段々になっています。

こんなものが自然に作られたのかと、
ただただ水の流れる様を見て時間を過ごします。

新緑と岩の色、光が反射して青く光る水の美しさたるや、
ただただ呆然と眺めてしまいます。

看板によりますと、
澄んだ渓流の水に光が当たると波長の短い光が散乱するとともに、
水中を通り抜けた光が、水底の白い花崗閃緑岩に反射して返ってきます。

その間に赤い光は水にすべて吸収され、
残った青や緑の光が水中で散乱するために
水の色がエメラルドグリーンに見えるそうです。

山頂でお昼を済ませ帰路に着きます。

これは少しマニアックな写真ですが、
滝の近くの頂部で見かけた倒木の枯れ株の様子です。



左側に向かって倒れて枯れた株自体が
岩を巻き込み成長した様子が見られます。

さらにその枯れ株の上に芽吹いた実生木たちが
生き生きと次の世代の命を育んでいます。

このようなものに目が行くようになったのも親方に話を伺ってからです。

山の植生というのはよく観察していると、倒れた株や幹の凹みから
次世代木たちが有に大きく成長していっているものです。

以前、上高地を涸沢に歩いている道すがらにも随所に見受けられました。

私自身本職を造園としている身ですから、山に沢に学ぶことは多いです。

より自然な庭を作りたいという思いが自分自身の中でも強いので
やはり観察しかありません。



頂部付近では帰路の途中でモミやツガの巨木と出会います。

洗練された山では少し陰鬱なイメージのある常緑樹林でさえも
風通しが良く、落葉樹林とは異なったマットな落ち着いた趣を感じさせます。



常緑の巨木たちのエリアがあると思うと、
また別のところではブナやカツラ、ミズナラなどの落葉樹の巨木も見られます。

ここまで大きく生育している巨木たちを見ていると
この山の気の良さや、木々を育む地のポテンシャルの高さも感じます。

帰路は往路と異なり沢とは離れますが、
帰路は帰路で美しい道が続き一日森林浴が心行くまで楽しめます。



新緑が自らの落ち葉を背景に何とも言えない心地よさを作り上げます。

下山する最後まで景色を楽しめる満足感の高いハイキングコースでした。



機会があればまた足を運びたい、そんな気持ちになる沢です。

帰りの道中では温泉もあり、旅の疲れも癒して帰れますので
行かれたことがない方は日頃のリフレッシュにいかがでしょうか。

登山の格好はお忘れなく。

記事URL

2018年4月 5日 木曜日

入社のご挨拶

初めまして。
今月から"現場作業&外部発信担当"として働かせていただくことになりました、
新卒入社で事務所居候の、樹下(きのした)ともうします。

2か月間は試用期間ということですが、
ブログを書かせて頂けることになりました。
以下、少しだけ自己紹介をさせてください。


「卒業したらどんな風に生きていきたいかなあ」
と考えたとき、"自然とかかわる仕事がしたい"という気持ちは
いつも心のまんなかにありました。

小学生の頃には近所の川や森で遊び、
大学生時代には海や離島旅行によく行きました。

こうした時間の中で、
その土地ならではの自然風景や多種多様の生き物達が暮らす豊かな環境が
かけがえのないものだと感じるようになり、
「自然環境の再生や保護を仕事にしたい」という軸が見えてきました。

アルバイトでは
建設コンサルタントで川やダムや沼の業務に関わりましたが、
現場を見る機会がないまま・現場を見る力がないままに
データの整理や報告書作成のお手伝いをしている自分の姿に疑問を抱き、
「その土地にあった環境再生をしたい」と強く思うようになりました。

日々そんなことを考えながら
時には口に出しながら過ごしていたところ、
思いがけず高田さんとご縁がつながってこうして今、ブログを綴っています。

これから働いていくなかで、
現場作業はもちろん、講演会の動画配信や日々の仕事風景や気付いたことなどを
少しずつでも更新していけたらいいな、と思っています。
これからどうぞよろしくお願いいたします。


さっそく写真をあげてみます。
これは、事務所に越してきた2日目の夜の写真です。



この桜は高田さんが小さな苗木から愛情込めて育てたオオシマザクラで、
植えて4年目の満月の晩に美しい景色をみせてくれました。

記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31