top

2014年3月 2日 日曜日

片付け


入社してもう1ヶ月以上が過ぎてしまいました。時が経つのは本当に早いですね。

失敗と反省を繰り返しながら日々を過ごしていますが、最近現場で仕事をする中で、これは本当に大切なことだなぁと思ったことがあるので、今日はそれを報告したいと思います。

それが何かといいますと、、、



これです!

写真だけだと何を言いたいのかさっぱりわからないと思いますが、これが大切な事なんです。

題名を見た方はもうお気づきでしょうが、今回話したいのは『片付け』です。

当たり前ですが、一日が終わると現場を片付けます。一日の途中でも、一つの作業が終われば片付けます。さらに言えば作業中でも、片付け、掃除をして作業をしやすくします。
言葉にしてしまうと簡単ですが、「どう片付けるか」がとっても大事で難しいんです。
特に作業中の片付けなどは、どんな道具が、どこにあったら作業しやすいのか、具体的に現場での動きがイメージできていないとできません。

上の写真は、一日が終わり次の工程に必要な道具類を、お施主様の敷地に置かせていただいた時のものです。
道具類をシートで覆い、シートが飛ばされたり、バタつくことが無いように重しをのせてあります。

「お客様が気が付いて、私たちが気が付かないことがあってはいけない」
親方に教わりました。

親方は、「お客様は毎日、庭の景色が変わっていくのを楽しみにしている。その変化を見せるためにも片付けはしっかりやらなければいけない。」とも言っていました。施工途中でも、片付けがきちんとされていればひとつの景色になるんですね。